設置の方法

それでは、自分でwifi対応ルーターを設置する場合の方法について紹介します。インターネットの契約を行っていて、それをパソコンなどと接続している場合、端子とパソコンとの間には「モデム」と呼ばれる装置があります。会社によってはONU(終端装置)という名前で呼ばれている場合もありますが、基本的に大きな違いはありません。インターネット回線はこの装置を介して利用できる状態となっています。

そのため、ルーターを設置するのはこの装置よりも後ろ側ということになります。モデム・ONUからパソコンに繋いでいる回線をルーターに接続し、このルーターからパソコンに分岐させるようにしましょう。ルーターから電波が飛んでwifiが利用できるようになるため、設置位置については考える必要があります。マンションなどの場合には十分一室をカバーすることができますが、一戸建ての場合には上下階では通信ができない可能性があるため、主に通信を利用する場所に近い場所を設置場所としましょう。

また、この回線は外部からでも利用することが可能です。そのため、セキュリティを確保するためにはパスワードをかけるなどの対策をして、勝手に利用されてしまうことのないように注意しましょう。

自分でルーター設置

では、スマートフォンなどでwifiを利用したい場合、利用できるのはポケットwifiだけなのでしょうか?実際には、その他にもwifiを利用できる方法があります。レンタルではなく購入と言う形となりますが、wifiに対応しているルーターを設置すればwifi回線を飛ばすことが可能となります。この場合、パスワードの設定やペアリングの設定などについては基本的に自分で行う必要がある点には注意しなければなりません。

回線速度については、インターネット回線の速度に依存することになります。こちらもプロバイダーによって最高速度、平均速度などに違いがあります。ただし、こちらの場合携帯電話会社からの通信に比べて「データ量制限」が行われている場合は多くありません。

携帯電話会社からのwifiの場合、一カ月に何GBまで、というような通信料制限が行われていることがあります。この制限量を超えると通信速度が大幅に減速してしまう可能性があるため、自分がどの程度の通信を行うのかを事前にチェックしてから携帯電話会社のものを利用するか、インターネット会社のものを利用するかを検討するといいでしょう。制限に掛かると、アナログ回線よりも速度が遅くなる場合があります。

携帯各社からレンタル

それでは、自宅でポケットwifiを利用したいという場合、どのようにすれば導入することができるのでしょうか。ポケットwifiは携帯電話会社各社などがレンタルシステムを持っているため、これを利用することで簡単に導入することができます。導入方法についてもマニュアルが付属していますし、不安があるのであれば有料ではあるものの、設置の依頼も行うことができます。

レンタルの価格や機材の性能などについては、各社によって違いがあります。どの会社のポケットwifiを利用するのかによって利便性や料金が変わってくるでしょう。では、各社によってどのような違いが発生することになるのでしょうか。

特に大きな違いとなるのが「回線速度」です。回線速度を考える場合には、最高速度と平均速度について考える必要があります。最高速度が高く設定されているものであっても、平均速度で見るとあまり速度が出ないという場合もあります。特に利用者が多い時間帯、夜などになると速度が大幅に落ちてしまうというケースもあるため、その地域の利用者数がどうなっているのかなどを見ながら、回線速度について調査をしておく必要があります。