設置の方法

それでは、自分でwifi対応ルーターを設置する場合の方法について紹介します。インターネットの契約を行っていて、それをパソコンなどと接続している場合、端子とパソコンとの間には「モデム」と呼ばれる装置があります。会社によってはONU(終端装置)という名前で呼ばれている場合もありますが、基本的に大きな違いはありません。インターネット回線はこの装置を介して利用できる状態となっています。

そのため、ルーターを設置するのはこの装置よりも後ろ側ということになります。モデム・ONUからパソコンに繋いでいる回線をルーターに接続し、このルーターからパソコンに分岐させるようにしましょう。ルーターから電波が飛んでwifiが利用できるようになるため、設置位置については考える必要があります。マンションなどの場合には十分一室をカバーすることができますが、一戸建ての場合には上下階では通信ができない可能性があるため、主に通信を利用する場所に近い場所を設置場所としましょう。

また、この回線は外部からでも利用することが可能です。そのため、セキュリティを確保するためにはパスワードをかけるなどの対策をして、勝手に利用されてしまうことのないように注意しましょう。